偏差値で選ばなくなる時代。学校は「ポリシー」を伝えなければならない。

2020年の高大接続改革が大きな転機となり、
日本は偏差値教育から脱却し多様性を尊重する形へと移り変わっていきます。
それに伴い、大学のみならず、小中高、その他スクールは、
それぞれの特色や方針を明確に示して、学生や保護者が選びやすくするのはもちろん、
時代に合わせて自らのブランドを再構築することが、求められています。

どのような学生に来てほしいのか〈アドミッションポリシー〉
どのような学生を輩出するのか〈ディプロマポリシーなど〉
そのために、どのような教育を提供するのか〈カリキュラムポリシー〉

これらのポリシーを明確に伝えることができていますか?

学校と学生(保護者)とのコミュニケーションの接点、具体的にはパンフレットやWebサイトなどを見る限り、
その多くは、これからの時代にそぐわなかったり、しっかりとメッセージを伝えられていないのが現状です。

つなぐ教育協会は、マーケティングおよびクリエイティブの専門家ネットワークを活用し、
コンセプトの設計から、クリエイティブ企画・制作、PR活動など、
学校におけるすべてのブランドコミュニケーション活動を支援します。

学生と学校、どちらにとっても幸せな出会いが生まれることを目指して。

ブランドコミュニケーション支援の大まかな流れ
※各サービスを個別にご提供することも可能です。
1
ブランドコミュニケーション戦略の設計・立案

学校の想いを学生に届けるにはどうしたらいいのか?マーケティング&クリエイティブの視点を加えることで、「学校の良さ」を最大限に引き出す戦略&戦術をお客さまと共に計画します。

  • 目的の明確化
  • 環境分析、調査(学生分析、競合校分析、自校分析)
  • ターゲティング、ペルソナ設定
  • ポジショニングの策定
  • 企画コンセプト、ブランド戦略などの策定
  • 具体的な改善施策のご提案
  • 目的に応じた、各KPIシミュレーションの作成ほか
2
クリエイティブ企画・制作/システム構築/運用支援

学生の心に届けるクリエイティブ。
学校 × 学生 との幸せな出会いを生み出すために、その接点における表現に磨きをかけます。

  • 学校パンフレット制作
  • Webサイト制作
  • 各種広告制作
  • スローガン制作
  • システム設計、実装
  • 運用支援、代行ほか
3
プロモーション(広告宣伝・PR)施策

アドミッションポリシーに合った学生により多く出会うために。必要に応じて、PR活動および広告宣伝を支援します。投資対効果を重視して、PDCAと細かい運用調整をおこなうのが私たちの特長です。

  • PR戦略
  • 各種Web広告
    (リスティング、アフィリエイト、アドネットワーク、その他)
  • SEO
  • ソーシャルメディア企画
  • 学校説明会、イベント企画ほか
4
CRM施策

学生や保護者と継続的なコミュニケーションを図り、良好な関係性を構築すること。日々の業務に追われている今の学校には、最も足りない要素のひとつではないでしょうか。
丁寧に学生をフォローするための仕組みの導入を支援します。

  • メールマーケティング企画、制作、運用
  • ソーシャルメディア企画、制作、運営
  • 郵送物(お手紙、DMなど)の企画、制作
  • O2O施策
  • 生徒の管理、分析ほか
5
統括ディレクション/コンサルティング

ブランドコミュニケーションは、最初に構築して終わりではなく、その後の「日々の改善」が重要です。
継続的な課題発見とチューニングを繰り返し、より良いコミュニケーションに育てていくために、中長期的な視点で、施策全体のコンサルティングをご提供しています。

  • KPIの設定および管理
  • 課題発見
  • 仮説立案
  • 改善、チューニング
  • 成果検証(アクセス解析、ユーザーテストなど)
  • 全施策の運用ディレクション
  • 月次レポート作成
  • 月次定例会議の開催
  • 現場における実行指導、アドバイスほか