私たち、つなぐ教育協会は、
よりよい社会と子どものためになる教育の実現に向けて、尽力してまいります。

理念
子どもが幸せに生きてゆける社会を実現する

子どもたちが、この先、幸せを感じながら生きていけるよう、
子ども自身の成長を支えるだけではなく、生きやすい社会を未来に残したい。
これが私たちの理念であり、
「教育」には、社会を根っこから変える力があると考えています。

ビジョン
「現場の大人たちによる教育改革」を促進するためのきっかけや仕組みを創出する

発達過程にある幼い子どもにとって、
教育環境は外から受けるものであり自ら選ぶことができません。
子どもの一番近くで、その教育環境を創っているのは、私たち「現場の大人」です。
だからこそ、私たち大人は、学校教育から数十年離れていても、
あらためて今の教育問題に深く向き合い行動すべきではないでしょうか。
つなぐ教育協会は、教育を良くしていこうとする大人たちを、
さまざまな角度から支援してまいります。
そして、現場から生まれる気づきや行動が、
大きな教育改革へと発展することを目指します。

スローガン
教育と子どもの未来をつなごう

教育をより良いものにするために、私たちが掲げているテーマが「つなぐ」。

例えば「家庭」と「学校」がつながることで、
子どもの教育にもっと協力して取り組めないだろうか。
「学校」と「社会」、「子ども」と「社会」がつながることで、
子どもは幸せな社会人になっていくための準備ができるのではないか。
「現場(親・教師・子ども)の声」と「行政」がつながることで、
教育を皆のためになるものへと変えられないだろうか。

他にも、子どもと親、学校と地域、学校と塾、教育改革者と世論など、
「教育」というものの中には、関係を深め協力しあうべき事柄が多く存在します。

私たちは、それぞれの関係をよりよいものへと変革することで
最終的に「教育」が「子どもの明るい未来」につながることを目指しています。